Archives by Month:
Archives by Category:

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Catergory in - - -

浅沼真知 染織 作品







制作する作品のデザイン、糸の計算をします。













大管に糸巻きをします。









糸巻きをした大管を整経台にのせ、タテ糸の整経をします。





千巻きをします。タテ糸を千巻き箱に巻いていきます。









綜絖(そうこう)通し。タテ糸を順番に綜絖に通していきます。









筬(おさ)通し。筬の羽に糸を一本ずつ通していきます。













織ります。

Catergory in 作家紹介 comments(0) trackbacks(0)

市川洋子 染色 作品







































































Catergory in 作家紹介 comments(0) trackbacks(0)

岡本一道 陶工 作品







仕事場と風力発電





仕事場入口





水引き作業





湯呑みの水引き





数引きしたつゆ入





削り作業





削りくずは再生可能





乾燥棚と火の文字





素焼きの品物と絵付けの終わった品物





本焼前と本焼後 大きさの比較





30年使用のガス窯





作品棚





ひっくり返りにくいパソコン・マグ





ふたもの いろいろ





磁器大皿





おもだか大皿 他





枕木で自作の仕事場



Catergory in 作家紹介 comments(0) trackbacks(0)

桜井芳孝 陶芸 作品







火入れ。薪は赤松、始めはちょろちょろと。幅3.5m長さ6.5mの窯。





火口は窯全体を暖めるのに焚き、ここには焼き物を入れない。8時間で600度ぐらい。





15時間で900度ぐらいになる。窯全体が傾斜しており、煙突の役割をしている。





1100度を超し火口で焚くのは終わり、上の袋に移る。





焼き物が入っている部屋を、袋と言う。二袋の登り窯。





窯の横から、小割りにしておいた薪を奥から順に投げ入れる。横幅2.7mの窯の中を同じ様に温度を上げていくのが難しい。




煉瓦一枚分の薪入れ口から窯の中を見る。1200度を超しているので熱い。





移ってから4〜5時間、色見を出して焼け具合を見る。良ければ二袋に移る。





二袋めも、1100度から1250度くらいまで、4〜5時間かけて焚く。





28時間ぐらいで焚き終える。急冷しないように閉じて5日後に釜出しをする。





Catergory in 作家紹介 comments(0) trackbacks(0)

たけうちふみこ 手紡ぎセーター 作品


藍栗朱工房 たけうちふみこのホームページはこちらからどうぞ

 
・作品や染め物の風景








 濃淡を生かした藍染めのセーター





 藍の濃淡3色で編んだセーター デザインは風のイメージ





 藍の濃淡4色で、四角いモチーフのグラデーションにしたデザイン





 我が家の玄関先に植えたしだれ桑





 桑の葉で染めた原毛(銅媒染)





 桑で染めた原毛をカーディングしたもの





 桑で染めた糸で編んだセーター





 家の庭に群生していたカモミールで染め物をしました





 カモミールで染めた原毛、銅媒染、鉄媒染、アルミ媒染





 ミントで染めたセーター 上の緑色は銅媒染、下のグレーは鉄媒染





 レモンバームで染め、鉄媒染のグレーとアルミ媒染の黄色を
 ミックスして紡いだ糸で編みました





 紡毛機と、しだれ桜で淡い黄色に染めた糸で編んだセーター





 胡桃で薄く染めてみたら、淡いピンク色に仕上がりました





 たくさんの植物染めの色が楽しめるジャケット風セーター





 その年に染めた糸の色を全部使って編んだベスト





 ジャコブの原毛一頭分から、白い部分、黒い部分、ミックスの部分に分けて、
 グラデーションに仕上げた作品


Catergory in 作家紹介 comments(0) trackbacks(0)

八木澤奈々 漆芸 作品











































































Catergory in 作家紹介 comments(0) trackbacks(0)

山室深志 木工 作品













































Catergory in 作家紹介 comments(0) trackbacks(0)